大依羅神社

- YOSAMI JINJA -

由緒

  • 建豊波豆羅和気王(たけとよはずらわけのきみ)※第九代開化天皇第四皇子
  • 底筒之男命(そこつつのおのみこと)
  • 中筒之男命(なかつつのおのみこと)
  • 表筒之男命(うわつつのおのみこと)
  • 大巳貴命(おおなむちのみこと)
  • 月讀命(つくよみのみこと)
  • 垂仁天皇(すいにんてんのう)
  • 五十猛命(いそたけるのみこと)

大依羅神社(おおよさみじんじゃ)は創建1800有余年を遡る『古事記』・『日本書紀』・『三代実録』・『延喜式』等の国史書に記載されている式内の古社です。当地の豪族であった依羅吾彦一族が、その祖先である第9代開化天皇の第四皇子「建豊波豆羅和気王(たけとよはずらわけのきみ)」をお祀りしたのが起源とされています。

古代より豪族が治めていたこの地域には、広大な依網池の造営、天皇直轄領である屯倉が設置されていた《皇室との深い繋がり・国家にとって大依羅が重要な場所であった》ことが「古事記」・「日本書紀」などに残されています。

神功皇后が新羅征討の際、底筒男命・中筒男命・表筒男命の住吉三神の神託により戦勝と航海の無事を祈り「依羅吾彦男垂見」が住吉三神を祭る祭主を務めたことが「日本書紀」に記載されており、依羅吾彦一族が古代より有力な氏族として、朝廷とも関わる祭祀に深く関係していたと考えられています。

「八衢の木(やちまたのき)」

本殿右前のご神木[八衢の木(やちまたのき)]。昭和30年に落雷の直撃を受けましたが、長い年月をかけて再生しました。参拝者の多くが、この[八衢の木]に手を合わせ、御神威を授かります。

大依羅神社の「水の神さま」「穢れを祓い、良き流れへと導く浄化・開運の地」といった謂れは、元々この地が池・川など非常に豊かな水に囲まれていたことに由来します。大依羅を訪れた人々がしばし時を忘れて境内に佇んでおられるのは、この地の豊かな土壌が育んだ自然、そして1800余年を経ても変わらない澄み切ったご神気を肌で感じられているからなのでしょう。

現在でも神社の真下には豊かな水脈があり、それが境内の木々や植物が豊かに育つ要因になっています。本殿左横の木々が密生しているエリアは現在、禁足地となっていますが、それはこのエリアの木々・植物たちが、大依羅の豊かな土壌を支える要になっているからです。

「南門・勾玉」

南門に作られた大依羅神社の象徴(シンボル)ともいえる勾玉。古代より勾玉には不思議な力が宿るとされ、魔よけ・厄除けといった意味で身につけられてきました。皇室に伝わる三種の神器の一つにも八尺瓊勾玉が数えられています。勾玉は丸みを帯びた頭の部分が《太陽》を表し、そこから続く尾の部分は大依羅の象徴の一つでもある《月》を表しているともいわれています。※お問合せの多い大依羅の【勾玉守り】は祭典の日、そしてご祈祷を受けられた方のみに授与されます。

「夜間特別参拝」

不定期で年に何度か行われる夜間特別参拝。幻想的にライトアップされた大依羅神社境内での体験は参拝者にとって忘れがたい経験となります。

The so-called “Water Is Life” of OOyosami Shrine comes from the fact that this area was originally surrounded by extremely rich water such as ponds and rivers. People who visit OOyosami often forget the time and stand in the precincts, feeling the nature nurtured by the rich soil of this area and the clear godliness that has not changed even after more than 1800 years. Probably because it is done.

「水の神さま」「穢れを祓う浄化の地」

大依羅の地にはこの国に脈々と続く大きな流れが今も生き続けています。

()

06-6691-3315