大依羅神社

- YOSAMI JINJA -

境内案内

入母屋造の本殿は、ご神木[八衢の木(やちまたのき)]を始めとした豊かな自然、そして多くの摂末社に囲まれ鎮座しています。

かつて日本人は神さまが降り立つ場所として木を植え森を育てたといわれ、そこは「鎮守の森」と呼ばれています。 大小多くの木々に囲まれた大依羅の境内は季節の移り変わり、日々刻々と変化する日差しによって様々な表情を見せてくれます。

摂末社

大依羅神社の境内には多くの摂末社があり、毎日熱心な参拝者がそれぞれのお社をお参りされています。

稲荷社

宇迦之御魂命(うかのみたまのみこと)を祀る稲荷社。『古事記』・『日本書紀』に登場する女神であり、商売(ビジネス)の神様としても篤く信仰されています。

道祖神社】

八衢比古命(やちまたひこのみこと)・八衢比売命(やちまたひめのみこと)・久那土神(くなどのかみ)をお祀りしています。古来道の分岐点・峠・あるいは村境などで、外からの外敵や悪霊の侵入をふせぐ道を守る神として信仰されていました。

龍神社

境内奥にひっそりと鎮座し、その質素であるがままの佇まいは参拝される方それぞれに大切なメッセージを投げかけています。

イト大神

長い大依羅の歴史を遡ってもその起源は不明であり、謎に包まれた要素も多い「イト大神」。地域の伝承により、非常に篤い信仰を集めています。「信仰とは?」その原点がここにあります。

神楽殿

天之鈿女命(あめのうずめのみこと)をお祀りしています。芸能・芸術の神様であり、技芸上達・夫婦和合・縁結びなどの御神徳により女性からの信仰が篤い神様として広く知られています。

斎館

大依羅神社でひときわ印象深い建物、古式豊かな斎館(さいかん)。昔ながらの建築様式をそのまま活かしリノベーションされた重厚且つモダンな和室は、結婚式・初宮や七五三でご来社された方々のドレッシングルームとして使用されています。

It is said that the Japanese once planted trees and raised forests as a place for God to land, which is called the “Guardian Forest”. Surrounded by many large and small trees, the precincts of OOyosami show various expressions due to the changing seasons and the ever-changing sunlight.

季節の移り変わりによって様々な表情を見せる大依羅の境内。

そこには長い年月を経ても変わらないご神気が通奏低音のように流れています。

06-6691-3315